上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.01.26 対岸の火事
カンタと一緒にいた「あの子」
やっと捕獲に成功して避妊手術へ連れて行きました

ころしゃれるー

母から
「発情っぽい」「大きい別の猫が寄ってきている」
と聞いていたので気が気じゃなかった・・・
病院で先生から
「もし妊娠していたら堕胎しますか?」
と聞かれて「ハイ」としか言えなかった

夕方術後の経過を聞くため病院へ電話
術前の血液検査では異常無しで
無事手術自体も終わった

そしてカンタと一緒にいたからウィルス検査も

FeLV(+)

やっぱりというか、なんと言うか・・・
ごめん
おばちゃん、何もして上げれないよ




ポチポチ ありがとうございます 深謝






↓は「対岸の火事」
 ぐずぐずは今日でやめる

「カンクロウ」改め「勘久朗」

元気イッパイ

「あの子」もキャリアだった
もしかして「あの子」からもらってしまったのか
あるいは逆なのか・・・
今更考えても仕方がない事をまた考えてしまった・・・

今まで両手以上の子猫に出会って
ウィルス検査で陽性だった子はいなかった
いろんなブログやサイトで
キャリアの子達を見聞きしても
自分には関係ないことのように感じていた

正に「対岸の火事」だった

カンタを新しい家族に託すこと
どうしても今の私にはできそうにない

まだ誤解がないように
そして、誰かを傷つけることのないような
言葉が見つからない

楽しく生きるッすよ

私の気持ちが落ち着くまで
カンタはうちに置くことにしました
もちろん、今一緒にいるニィニへの感染予防をしながら
幸いなことにニィニは2年前までは6種混合を打っていた
抗体の効果はまだ残っているだろうという先生の言葉を信じて

がじがじ

ホムセンで衝動買いしたシュシュタイプの首輪
今までは安全で機能的で猫に負担のない首輪しかつけてないのに

変な自分^^;




Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。